ガラパコス野郎

ズレた学生の日記

妹が欲しい

年下の素直な女の子でいつも周りに癒しを与えてくれるそんな子がいたら楽しいだろうな

家族くらいの距離感で関わりたい

毎日のちょっとした出来事も楽しそうに語っているのを聞いていたい

自己防衛から始まる高二病

中学〜大学の思春期は心が脆くよく拗らせる

全ての物の価値を否定する思考を持つことで自分の欲を抑えようという病、高二病を患う

特に現代ではマスメディアの発達で自由に情報収集できる反面、うまく収集できずマイナスな情報ばかり目にして次第に冷笑的になる可能性が高い。

ワガママかもしれないけど、心のバランスを整えられる共同体が身近にあればこういう事態は防げるのになぁと思います。

自意識はある程度抑えなければならない

仏教の教義がイマイチ掴めてなかったけど

最近ようやく分かってきた

自我=自意識 自分を守ろうとするあまり苦しみが生まれる

「自分は特別だ」「世間はどう思っているのか」「嫌われたくない」こういった一人よがりな感情を抑えることで苦しみは無くなる

そのためにはSNSの利用を控える、人と関われる場所に入っていく、趣味に没頭など自意識を活用しない状況を作ろうと思う

 

同化したい

独特の感性なんてクソ食らえ

個性が自分には役立たない事だってあるわ

阿呆らしい

個性というのはちゃんとした人だけか持つべきでそれ以外はいかにして日常に溶け込むかを考えるべき

人の世界観が知りたい

自分がとある作品にハマっているとしたら大抵製作者の精神に注目する

何が言いたいのか どういう価値観なのか

心の中が知りたいと思う

歴史も政治もそういう感情が絡む部分が面白い

人は心だけでは生きてけない

でも、物だけでも生きてけない

相互依存して生きている

これは良し あれも良し

人間としての生き方はどれが正しくてどれが間違ってるかと考える事自体が阿呆らしい

とある選択肢に失敗したら別の選択肢を選ぶべきで執着する必要はない

どうせ常識なんてころころ変わるものだしそれに縛られなくったっていい

本当の自分なんて分かるわけがない

これは良し あれも良し

こういう考え方が心を楽にする

ドラングレイグは遊園地?

ドラングレイグ。

巨人によって滅ぼされたらしい国

亡者を治すためには四人の王(悪寒)を倒してそれぞれからソウルを手に入れなければならないらしく数々の人間が死んでいった・・・

その割には意外と愉快な作りだ

エレベーターを抜けるとマグマまみれの城。

風車を燃やすと毒沼が消える。

呪縛者がどこにでもしつこく付いてくる。

小さな人形が鐘を守りボスは五体のガーゴイル

賑やかなジェスチャー

特に刑務所のボスチャリオットは楽しかった

ラオウの馬車みたいなのと追いかけっこして倒す

楽しい不死の処刑だった

これはもはやダークファンタジーというよりファンタジーだ